レッスン最新情報

アロマセラピーとハーブの教室 air-アイル-です。


◆レッスンスケジュール◆

アロマテラピー検定 直前対策講座(随時開講)
フラワーエッセンス基礎講座(随時開講)
ニールズヤードアロマ基礎講座(随時開講)
アロマテラピーアドバイザー認定講習会(随時開講)
【満員御礼】2/27 1day アロマワークショップ@natural sweets cafe matoca

★企業イベントやPTA行事などでのセミナー依頼、グループレッスン、個人レッスンは
お気軽に「問い合わせフォーム」からお問い合わせください。随時開講可能なレッスンもございます。

出張レッスンについてこちらこちらもごらんください。
★参加された方からのご感想はこちら

アロマテラピーアドバイザー認定講習会についてはこちらをご覧ください。
airでは、小さなお子さまと一緒にレッスンを受けていただくことも可能です。申込時にお知らせください。

2013年10月16日水曜日

手をかけすぎず、手を抜かず

久々に薄手のコートをはおりました。
風がものすごくて、体温奪われていく感じの日中でした。

先日、産後ケアで担当した方がとっても肌がきれいなので、普段のスキンケアについて聞いてみると「特別なことは何もしていないんです。ただ、自分で化粧品を作っていて」とのこと。
そこから、「好みの香りのを作れるのっていいですよね~」と手作り化粧品について盛り上がることしばし(^^)

そもそも、手作りするようになったきっかけは、お子さんに頬ずりする時に、少しでも安心なものをという思いからだそうです♪

普段のスキンケアは、自分で作った化粧水やオイル、というシンプルなケアで十分と実感するこの頃。

基礎化粧品を手作りに変えてから、季節の変わり目に肌が粉をふくような状態になることがなくなったなあと気づきました。
高価な化粧品を使っていた20代前半だったころよりも、肌のバランスはよいような。(ま、「ハリ」とかの話になると20代には負けますが)

あまりに手をかけすぎたり、贅沢させてしまうと、自然治癒力というか、肌自身の持っている力がなくなってしまうような気がしています。
じゃあ、何もしなくていいのかというと、もちろんそんなことはなく。
洗顔後にローション+オイル分は休まずに。時折パックして、くすみをとったり、活性化したり。
オイル分は、季節に合わせて乳液、植物油、クリームなど材料によって質感や香りをかえて。

手をかけすぎず、手を抜かず。

この秋冬は、手作り化粧品のリクエストレッスンのご予約いただいてます。ご自身にあったスキンケアグッズができるとよいなと思います。

そして、この夏に手を抜きすぎてしまった「両手」。冬に向けてケアしていこう~

< air-アイル- アロマテラピーとハーブの教室 >

 Akiko Takamatsu

 問合せ先:air.aromalesson@gmail.com
 air HP :http://air.aromalesson.jp/index.html