レッスン最新情報

アロマセラピーとハーブの教室 air-アイル-です。


◆レッスンスケジュール◆

アロマテラピー検定 直前対策講座(随時開講)
フラワーエッセンス基礎講座(随時開講)
ニールズヤードアロマ基礎講座(随時開講)
アロマテラピーアドバイザー認定講習会(随時開講)
【満員御礼】2/27 1day アロマワークショップ@natural sweets cafe matoca

★企業イベントやPTA行事などでのセミナー依頼、グループレッスン、個人レッスンは
お気軽に「問い合わせフォーム」からお問い合わせください。随時開講可能なレッスンもございます。

出張レッスンについてこちらこちらもごらんください。
★参加された方からのご感想はこちら

アロマテラピーアドバイザー認定講習会についてはこちらをご覧ください。
airでは、小さなお子さまと一緒にレッスンを受けていただくことも可能です。申込時にお知らせください。

2010年8月12日木曜日

オリーブと瀬戸内国際芸術祭@小豆島

[アロマ] ブログ村キーワード

1泊2日で、小豆島に家族旅行に行ってきました。
すごーい昔に行ったことがあるきりだったので、初めて行くような気分でした。
ちょうど、瀬戸内国際芸術祭期間なので、フェリーも混んでいたような気も(普段はしりませんが(^_^;))

小豆島といえば、オリーブ。
泊まったホテルも紹介されていたため、ホテルのいたるところに、「まるごとオリーブ」というエイムックが置いてありました。読み物としても、結構おもしろかったです。


(↑部屋のお菓子が置いてあった紙。これもオリーブでかわいい。)

オリーブは、アロマトリートメントでもキャリアオイルとしてブレンドすることがあります。栄養価が豊富で、クレオパトラが使用していたと言われるほど、歴史の古い植物油。
オリーブオイルは、収穫するとすぐに圧搾してオイルをとらないといけないそう。
傷があったりすると、良質のオイルがとれないので、1粒ずつ手づみなんですね。
手間がかかってますねえ。

オリーブの塩漬けは好きでたまに食べるのですが、生のオリーブはそのままかじると苦かったようです(同じくオリーブ好きのだんな談)
塩漬けにすると、時間をかけてゆっくり苦みが抜けていくのだとか。

瀬戸内国際芸術祭もせっかくなので、小豆島の作品を10くらい見ました。
海岸に全長4,50センチくらいの小型モーターボートが20隻ならんでいました。なんだろうと思ったんですが、「20隻で島をうごかそうと試みた」という設定の映像が近くの小屋の中で、流されていて妙におもしろかったです。
小豆島の植物のDNAを撹拌してライトアップした作品とか、展示されている場所もユニークでした。
子供たちは、「なんかいろんな場所に入る」ということがおもしろかったよう。


(↑井上誠耕園のオリーブ畑 たくさん実がなってます)

お昼は、井上誠耕園経営のカフェにて。オリーブオイルがしっかり味わえるようなメニューで、おいしかったです。並んだけど入れてよかった(^^)

帰りのフェリーではみんなぐっすり。
あっという間のプチ旅行でしたが、のんびりしていて、また行きたいなあと思えた場所でした。