レッスン最新情報

アロマセラピーとハーブの教室 air-アイル-です。


◆レッスンスケジュール◆

アロマテラピー検定 直前対策講座(随時開講)
フラワーエッセンス基礎講座(随時開講)
ニールズヤードアロマ基礎講座(随時開講)
アロマテラピーアドバイザー認定講習会(随時開講)
【満員御礼】2/27 1day アロマワークショップ@natural sweets cafe matoca

★企業イベントやPTA行事などでのセミナー依頼、グループレッスン、個人レッスンは
お気軽に「問い合わせフォーム」からお問い合わせください。随時開講可能なレッスンもございます。

出張レッスンについてこちらこちらもごらんください。
★参加された方からのご感想はこちら

アロマテラピーアドバイザー認定講習会についてはこちらをご覧ください。
airでは、小さなお子さまと一緒にレッスンを受けていただくことも可能です。申込時にお知らせください。

2013年8月3日土曜日

旅の記録 ~バンコク #1

先月、友達Yちゃんのいるタイ・バンコクへ家族でいってきました。


夏休みということもあり、ほぼ満席。2月くらいに予約しておいてよかったです。
最近はどこもそうなのかな、タイ航空も各座席にモニターがあり、映画・テレビなど自由に楽しめるので、子連れには助かりました。

バンコクに到着し、中心部まではエアポートレールリンクに乗ってみることに。切符が、おもちゃのコインみたいでおもしろい。
きれいな電車で、途中ものすごいスコールをながめながら、パタヤイ駅に到着。

ここで、今回のバンコク、何度かすったもんだするタクシードライバーの1人目に遭遇。
メータータクシーを確認して乗り込み、メーター使ってというと、一応スイッチを押すものの、すぐ切り「こわれてる。着いたら清算できるから」と早速あやしさ全開。
「じゃあ、いくらくらい?」と聞くと、なんと「800バーツ」 空港からでも250くらいなのに。「ありえない!」と言うと「じゃあ、いくら払いたいの?」てな具合だったので、「とめて、降りる」とタクシーを変更しました。

ちょっとぐったりしつつも、無事に、アナンタラ・バンコクリバーサイドに到着。タイらしさを感じれるようなリゾートホテルがいいなと、最初はチャオプラヤ川沿いに2泊予定。

ロビーでは、ちょうどタイ舞踊が演じられていて、その名も「キン」という琴のような楽器がいい音色を出していました。民族楽器、やはり惹かれる。
対応してくれた日本人スタッフのmayuさんはとても素敵で、癒されました。
晩御飯は、カフェでパッタイやタイカレーを食べて、あとはのんびり。

翌朝のビュッフェはすごかったです。
これまで食べた朝食ビュッフェの中で、一番よかったかもと思うくらい。
美味しかったのはもちろん、種類も豊富で、麺も選べてゆでてくれたり、パンも数えきれないほどの種類、パンケーキには象の絵を描いてあったり、カラフルなお寿司(醤油が大きなティーポットに入っていました)、色とりどりのフルーツetc,,, 日によって、メニューも変わってました。
ホテルゲストも、どこの国が多いということもなく、いろんな言語が飛び交ってました。


プールで少し子供たちを遊ばせてから、ロングテールボートでのプライベートツアーへ。

専属のガイドさんがついて、運河をめぐるのですが、これがすごくおもしろかった!
ガイドのピーターさん(タイの名前を聞いたのですが、難しすぎたので、「call me Peter」 ということで)に、子どもたちもなつき(会話になってそうだったのがすごい)、バンコクのあれこれや、泳いでいるオオトカゲ(1メートルくらいありそう)を教えてもらったり、途中ワット(お寺)に立ち寄ったり、ボートのお客さん向けのお店でココナッツジュースなどを買ったり。(基本、お買い物はピーターさんがしてくれます)


アーティストハウスという場所にボートをとめて、普通の街中を散策しつつ、ローカルなお店でお昼ご飯を注文しては、後でアーティストハウスに届けてもらうことに。
タイでは、mango with sticky riceというのがいたるとこにあるのですが、マンゴーごはん弁当のような感じ。マンゴー好きとしては、ごはんなくてもいいんだけど(笑)、注文してみました。

車が入れないような場所でなんでこんなところに?と思うようなセブンイレブンにも寄ってみたら、タイフードがずらっと並んでたり、おなじみのお菓子があったり。なんだかすごい、セブンイレブン。

お昼ご飯をおいしく食べて、魚のえさやりタイム。カラフルな魚のえさ、ピーターさんが買ってくれて
えさをあげると、すごい数のなまずがやってきて、子どもたちは大喜び。永遠にエサやりしそうだったのを切り上げて、再びボートへ。

昨年のタイ大洪水の爪あとも見ると、ましだといってもバンコクが水浸しの様子が想像できました。
運河から、チャオプラヤ川に出て、ワットアルンを見つつ、ホテルに戻ります。
ピーターさんに、家族全員で「ありがとう」を言いました。
もし、アナンタラに泊まる人がいたら、ぜひおすすめしたいツアーです。

そして、飽きることなく、またプールへ。


< air-アイル- アロマテラピーとハーブの教室 >

 Akiko Takamatsu

 問合せ先:air.aromalesson@gmail.com
 air HP :http://air.aromalesson.jp/index.html